会社概要

フェアトレードでイノベーションを

「作り手よし、買い手よし、世間よし」
この“三方よし”の精神は、江戸時代から商売の基本原則とされてきました。
私たちは、作り手(生産者)と、買い手(消費者)をつなぎ、フェアトレードで世間(日本、そして世界)をよくしようと、本気で挑戦しています。

フェアトレードはそのまま訳すと“公平な貿易”です。つまり、発展途上国の原料や品物を適正な価格で買うことにより、立場が弱いとされる途上国の生産者や労働者を守る貿易の仕組みをいいます。貧困対策、児童労働の削減、環境の保護など、現在、世界が直面している課題解決に寄与するとされています。
しかし、フェアトレードは課題も山積しています。先進国の中でも特に日本は、フェアトレードの市場規模は最下位で、消費者の支持を得られていないのが現状です。
なぜでしょうか。

それは、日本の消費者が必要のないもの、求めていないものを売ろうとしてきたからに他なりません。途上国の生産者が作ったというだけで、市場ニーズとはかけ離れたものを買い上げ、それを日本でチャリティ名目で販売してきた歴史があります。多くの方が、フェアトレードはチャリティやボランティアという認識が強いのも頷けます。

このような状況では、1度目は善意で購入したとしても、2度目はありません。継続性がないのです。実際、私が南米の貧しい山岳地帯に出向き織物製品を注文した時のことでした。生産者が私の目をじっと見て言いました。
「1度でなく2度目もかならず買ってほしい。継続して買ってくれる人がいないのです。それでは我々は生活できないんです。」
途上国の生産者から継続して買い上げるためには、企業でも、NGOでもお金という原資が必要です。ものが売れなければ原資が足らなくなります。継続して取り引きができなければ、支援もできないのです。


フェアトレードでマーケットインを実現

弊社では、フェアトレードにおける「プロダクトアウト」から「マーケットイン」への転換を図りました。
市場ニーズと違うものを買い付けてくるのではなく、確実に売れるもの、必要とされるものを作ってもらう。買い手を確保し、買い手のニーズに合ったものを提供していくのです。

途上国の生産者が、品質の良いものを作り続けるためには、生産者の労働環境や生活が担保され、自然環境にもやさしいこと、そして持続可能な取引のサイクルを作り上げることが重要だと考えています。

今では、多くの企業や団体、個人が安心して取り組めるように、国際フェアトレード認証制度があります。働く喜びを提供する新しい社会貢献のカタチ。

それが私たちの目指す「フェアトレード・イノベーション」です。


社名 株式会社 フェアトレード コットン イニシアティブ
所在地 本社:101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21 PLATFORM SQUARE
開発室:101-0054 東京都千代田区神田錦町3-2 千代田印刷会館5F
連絡先 TEL.03-4570-0816
資本金 5,000,000円
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 千駄木支店
代表者 代表取締役 入江 英明
略歴 株式会社オンワード樫山入社後、米国のライセンスブランドに携わる。ラルフローレンにて事業本部長やディレクターを務め、20年以上ブランドの”光と影”をみる。
原材料の生産体制に違和感を感じていたときに、フェアトレードオーガニックコットンに出会う。2012年、日本初の国際フェアトレード認証コットン製品をローンチ。国際認証制度を活用したトレーサビリティを重視し、人と環境にやさしい革新的なプラットフォームの普及を目指す。
会員 NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン ライセンシー
NPO法人日本オーガニックコットン協会 法人準会員
東京商工会議所 会員



【会社案内オフィシャル動画】

【FCIのソーシャルイノベーション】