オーガニックコットンとは

オーガニックコットンとは

人と環境にやさしいオーガニックコットン

オーガニックコットンとは、農薬や化学肥料を3年以上使用せず、認証機関に認められた農地で有機栽培のみで育てられたコットンのことをいいます。 よくあるコットンの栽培には大量の農薬が使われ、環境や生産者の健康面でよくないとされています。 紡績、織布、染色加工、縫製などの製造工程で生産者の健康や環境的負荷を最小限に抑え、労働の安全を守り、児童労働などなく製造したものをオーガニックコットン商品といいます。当店のほとんどの商品がオーガニックコットンの国際認証であるGOTS(グローバルオーガニックテキスタイル基準)を取得した生地で作られています。

国際フェアトレード認証やオーガニックコットン認証(GOTS)を受けるためにはコットン農園から日本に届くまでに関わる全てのサプライチェーンにおいて第三者機関による監査を受ける必要があります。当社は、日本で唯一この2つの認証を取得しています。現地のFCIインディアオフィスにはスタッフも常駐し、徹底した品質と納期管理を行っています。