SCOOとは

スクー(SCOO)ロゴ

SCOO(スクー)は、公平な社会をつくる国際フェアトレード認証、健康面・環境面において、生産者・消費者に信頼できるオーガニックコットン商品であることを証明するGOTS認証を受けた商品を主に販売しています。
SCOOの通販サイトは、この2つの認証を広めるために誕生しました。不公平な社会、環境汚染、児童労働、健康被害・・・まだまだ私たちには見えない多くの問題が残されています。SCOOを通じてこの2つの認証が広まることで、世の中の意識が変わり、世界が変わっていく、そして多くの人たちの未来が明るくなることを願っています。

綿100%だけでは安心できない?
フェアトレードやオーガニックコットンではない、綿100%の生地や製品はとても安価で私たちの生活を豊かにしてくれています。しかし、その豊かな生活の一方で日本では見ることができない生産者の過酷な環境がありました。

もしもあたなの服だったら・・・
コットン01
天然素材の代名詞のようなコットンですが、インドでは農耕面積の約5%足らずの栽培農地面積にもかかわらずインド全体で使用される農薬の約55%がコットン農場で使われているという報告があります。国際的には使用禁止の危険な農薬も途上国では未だに使用されていることもあり、環境に大きなダメージをもたらすばかりか生産者の農薬による中毒死や健康被害も深刻化しています。農薬を使用しないオーガニック(有機)栽培に切り替えることにより人々の暮らしは大きく改善されます。
もしもあたなの親だったら・・・
コットン02
世界70ヶ国でおよそ1億世帯がコットン生産に従事しているといわれています。特に世界最大の綿花の生産地であるインドでは国の経済や人々の生活を支える重要な輸出農産品です。しかし、コットン貿易においては先進国に有利な不平等な構造があり、多くの生産者は生産コストすらまかなえない厳しい状況を強いられています。その為インドでは30分に1人が自殺しているという衝撃的な報告があります。
もしもあたなの子供だったら・・・
コットン03
国際労働機関(ILO)によると世界の児童労働は1億6800万人にものぼると報告されています。アメリカのNGO「ヒューマンライツウオッチ」は世界的に見てインドが最も多く6000万人以上の児童が強制的に労働させられていると推測しています。そのうち約70%が綿花栽培を始めとする農業に従事していると言われています。

フェアトレード国際認証とオーガニックコットン国際認証(GOTS)が広まることで、地球環境・労働環境・生活環境、その他多くのことが改善されます。